自分が設計し家を建設

注文住宅は、他の物件と何が違うのか?と思う方も多いと思います。注文住宅は、自分の思い描いているような家を建てられるというのが、最大の魅力と言っても過言ではありません。最近では注文住宅についての雑誌も多く出版されています。注文住宅は、自分のデザインした家がほぼそのまま建てられます。ただし、法律など場合によってデザインした家が建てられないこともあります。どのような家なら建てられて、どのような家は建てられないのかを、注文住宅を取り扱っている業者に問い合わせしておくといいでしょう。

注文住宅は、建築現場を見学できる事もあるので、自分の家がどの程度完成したのか見に行く事も可能です。

外部リンク→栃木県内に注文住宅の展示場を用意しているアルネットホーム

また注文住宅は、外壁だけでなく、内装も自分でデザインが可能となっているので、部屋の数やキッチンの位置、トイレの数も自分で決めることが可能です。部屋の広さや数などは、敷地内であれば何部屋あっても問題ないですが、規定などがあるため、注意が必要です。

2階建てや3階建ての場合、法律などにより、家の高さが決められているので、中間検査などさまざまな検査を受ける必要があります。特に、木造3階建ての場合は、構造計算書が必要となりますので、業者とよく相談しなければなりません。