災害などに強い

注文住宅は、地震などの災害のことを考えて耐震性の高い家を建てる事も可能です。日本は火山が多く、地震大国でもあるため、耐震性、耐久性の高い家を求めている人も多いです。

国も、大きな災害を機に、これから建築する家については、耐震性、耐久性が高いことを建築基準とし、それ以前に建設された耐震性、耐久性が低い家に関しては、既存不適格と呼ばれています。この既存不適格とは、法律の改正などにより、建設当時の法律は満たしているものの現在では、違法とされるものであり、数が経ち、耐震性、久性が落ち、老朽化が進んだ家のことを言います。違法とされてはいますが当時の建築基準を満たしているため逮捕されることなどはありません。

家の建て替えやリフォームをする際には、現在の建築基準を満たす必要があります。そのため、これから注文住宅を建てる人は、耐震性や耐久性の高い家を作らなくてはいけません。そのため、どのような方法で、耐震性、耐久性の高い家にするかを選ぶ必要があります。方法によっては安くすむこともありますが、頑丈な家を建てたい場合は、多少値段が高くなってしまう場合もあります。また、注文住宅業者の中にも、地震や火事などに強いというコンセプトを売りにしているところもあります。